top of page

Kalbeliya dance class そしてGypsy camp vol.5

今回のツアーで泊まったPushkarのホテル’Pushkar Palace'は何もかもが完璧だった。

こんなセリフ、インドでしかもプシュカルで出てくるなんて!!てほど今までプシュカルでは

宿泊先に恵まれなかった。そして寒い。。お湯問題。。

だがこのホテルはバスタブもあって熱々のお湯がたーーっぷりでるではないか!!

お風呂にもつかれる。なんて幸せなんだ。。


そしてまたまた素晴らしかったのは朝食!

朝の神聖なPushkar湖を見ながら美味しい朝食をいただける。                



























































そして2/9 はメインイベントの2つ目、カルベリヤの子供たちに食事と学習を提供する場所

Kalbeliya academy 共同創始者でもある、Raki Kalbeliyaからのレッスンとジプシーキャンプ。

Rakiは私の初めての先生でもある。

Pushkarのカルべリヤコミュニティではリーダー的な存在である。






































みんなでカルベリヤアカデミーに到着し、音楽と花輪でwelcomeの儀式をしてもらう。

カルベリヤの楽器での生演奏と歌でのレッスンがスタート。

Pungiが鳴り始め、女性たちが歌う。

その圧倒的なパワーに全身が喜ぶ。

初心者もいたのでRakiにじっくりと基礎をやってもらえてよかった。




















途中、蛇を見せてくれたり、Rakiたちが手作りしているカルベリヤアクセサリーを見せてもらったり。









































Lessonが終わったらお腹もすいてきたところでRakiの旦那のShaduがご飯を作ってくれた。

これがまた美味しかったのだ。


















ご飯を食べたら次はお待ちかねの砂漠!!

しかもみんなでラクダに揺られて。











































3台に別れて向かったのだけど贅沢に生演奏と歌を聞かせてもらいながら

Pushkarの町をラクダに揺られ、砂漠へと。。

ここでもみんなで踊った。

もっともっとここにいたかったけど、夕陽が沈むのは早くて。。

夕陽が沈んだらここは砂漠、めちゃくちゃ冷える。

(でも今回は珍しくそんなに寒くなかった)


砂漠からRakiたちの村に戻ったらラージャスターンの郷土料理「ダルバティ」でもてなしてくれた。

日も暮れて真っ暗な中、また演奏したり歌ったり踊ったり。




































焚き火と月明かりの中みんなで食べたダルバティシンプルで美味しかった。

彼らの生活は本当にシンプル。

お金お金と感じる時もあるけど、同時に生きる力とか何が本当に大切なものなのかとか

考えさせられる。




























特集記事
後でもう一度お試しください
記事が公開されると、ここに表示されます。
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page