検索
  • nalikalotus

My dance journey...vol.2


前回のブログからまたもや2ヶ月経ってしまった。。^^;

気ままにアップしようと思い始めたものの、やっぱりペースが遅い。。

▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽

そう。。

MishaalとRachelにあの夜出会ってしまった私はそこからはもうベリーダンスまっしぐら。。

もちろんオリエンタルとトライバルの区別もついていない。。

まずはRachel BriceはTribal Fusion bellydanceのカリスマDevaで、Mishaal主催のショーのゲストだったという訳で、私はMishaalのことを調べまくって、東京表参道にスタジオがあることが

わかった。

まだスタジオができたばっかりでレッスン数も少なかった記憶だが、行けるだけレッスンは週何回と参加し、イベントにも全部というくらい通った^^

MishaalのクラスなのだからMishaalが教えてくれているんだけど、その同じ空間にあのMishaalがいて、美しい英語でレッスンをしてくれている。。それが現実なのに夢のようで毎回ドキドキしていた。

初めて参加したクラスではいきなりみんなで輪になって、ひとりずつ輪の中で音楽に合わせて即興で踊る。。という体験は思わずえぇぇぇーーーー><と、逃げてしまいたくなったり

^^;

自分の踊っている姿は恥ずかしくてなかなか鏡を見れない。。

でもDevadasiのクラスで出会うみんながとっても素敵な人ばかりで、毎週毎週そんな素敵な

人たちと美しいMishaalと美しい音楽で旅をするように身を委ねて踊る時間がなんとも幸せな、私にとって欠かせない時間になっていく。。

どんどん自分の中のブロックが外れていく。。

Mishaalが発する言葉は本当に美しくて、その言葉からイメージされる景色がよりその空間と

私自身を豊かにしてくれてどんどん体も心も解放されてゆく。

時にはMishaalからモロッコでのダンスの話、出産におけるベリーダンスの話、インドのラージャスタンの話、タイのジャングルの中での生活の話、ギリシャ神話の話、スーフィーの話、

アメリカのトライバルダンスの話、月の話、現代の社会でどのように自然を感じて生きるか

などなどが聞けたりして、そのひとつひとつに夢中になり、レッスンが終わってからもみんなでMishaalを囲んで目をキラキラさせてトキメキながら聞いてたのをよく覚えてる。

Mishaalの教え、そのどれもが「そうそう!!こういうことが知りたかった」ということばかり。。

ここでは振り付けはしないし、カウントをとって踊ることもなかった。

たくさんのインスピレーションとエモーショナルな表現、その場にいるみんなや音楽、エネルギー、自然や宇宙を感じて繋がって即興で踊る。

テクニックももちろん大事だけど、テクニックだけでは学べないもっともっと大事なことを

学んだと思う。

[Be here now]

[Be in the moment]

今、ここ。

この瞬間を生きる。

ここに在る。

これはずっとヨーガでも学んできたこと。

今もいつでもそれが私のセンターにある。


17回の閲覧