検索

My dance journey...vol.4

今日は冴えてる^^ これからの自分のやりたいことを考えていくには、自分のラジャスタンでの活動を振り返るのにもちょうどよい◎ 2009年から毎年私はラジャスタンに長期滞在するようになっていく。 長い時で4ヶ月。3ヶ月が多かったかな^^ 少なくても1ヶ月。こうやって書くと「長い!いいな〜」という声が聞こえてきますが 何と言ってもインドでの旅は本当に移動時間が長い! それに、思うようにコトが進まない>< だから本当にあっという間なのです!! その中でも私とラジャスタンの距離をぐぐっと縮めることになったのは忘れもしない 2011年。 Devadasiのシスターズ、みきちゃんとshanazとタイのパンガン島にMonika Natarajiの Mystical Belly dance Retreatを受けに行ったあと、3人でラジャスタンにも旅した。 私は2011年の震災のときに関西に移住するのですが、そのときにダラブッカ奏者の牧瀬さんに「紹介したい人がいる!」と言われ出会ったのが、にしはらみきさん。 京都在住で、石のアクセサリーやインドのカッチ地方などで仕入れた布や雑貨などの素敵な小さなお店を営んでいて、ラジャスタンにも通っていて音楽家の知り合いも多い。 可愛らしいのに芯の通ったパワフルで情熱的なハートを持ったとってもセンスのあるみきさん。 彼女とはすぐ仲良くさせていただいて、早速大阪のトルコカフェSaz Cafeにてラジャスタンのイベントを一緒に開いた。 牧瀬さんがダラブッカで、みきさんがラジャスタンで撮りためた写真や映像を流しながらお話して、最後に私はダンスで参加♩ そんなこともあって

My dance journey... vol.3

そして、私はベリーダンスに出会う前からずっと気になっていた 'ジプシー' 'インド' 'ラジャスタン' 'トライバル’ という、私をワクワクさせるキーワードをもとにどんどんそれらが繋がっていく出会いを していく。 そしてその頃から気がつけば民族物やシルバーのアンティークな装飾品、ジュエリーに 惹かれ、集めていた。 自分の周りで流行っていたようなテレビや歌手、はやりの洋服、などには全く惹かれない。 重厚感のあるデザインや、何かを表すシンボル、背景や歴史を感じる民族物に 惹かれていた。 その中でも私にとっていちばん深くご縁があったのが 今では私の人生に欠かせない場所'Rajasthan,India'だった。 Mishaalからも幾度と、ラジャスタンはとってもスペシャルな場所と聞いていたし、 砂漠に映えるカラフルな民族衣裳を纏ったひとたちのことやジプシーの発祥となった地の ダンスのこと。。 そして何より、あの、心を鷲掴みにするダンスとどこか懐かしい音楽はなんなんだ!! と思っていた。 (その頃はyoutubeなんて存在が現在のように盛んではなかったから映画Latcho Dromを見て 衝撃を受ける) そして2008年、Mishaalが、インドはジャイサルメールという砂漠の最果ての地から Queen Harishというダンサーを日本に招聘した。 中野の驢馬駱駝で行われたショーに、ドキドキしながら向かった。 そこでは煌びやかな衣装に懐かしさを感じる音楽で踊る妖艶でエレガントな Queen Harishに魅せられて、翌日のWSではラジャスタンの話やカルべリアの話を 聞いたりステップをHar

My dance journey...vol.2

前回のブログからまたもや2ヶ月経ってしまった。。^^; 気ままにアップしようと思い始めたものの、やっぱりペースが遅い。。 ▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽ そう。。 MishaalとRachelにあの夜出会ってしまった私はそこからはもうベリーダンスまっしぐら。。 もちろんオリエンタルとトライバルの区別もついていない。。 まずはRachel BriceはTribal Fusion bellydanceのカリスマDevaで、Mishaal主催のショーのゲストだったという訳で、私はMishaalのことを調べまくって、東京表参道にスタジオがあることが わかった。 まだスタジオができたばっかりでレッスン数も少なかった記憶だが、行けるだけレッスンは週何回と参加し、イベントにも全部というくらい通った^^ MishaalのクラスなのだからMishaalが教えてくれているんだけど、その同じ空間にあのMishaalがいて、美しい英語でレッスンをしてくれている。。それが現実なのに夢のようで毎回ドキドキしていた。 初めて参加したクラスではいきなりみんなで輪になって、ひとりずつ輪の中で音楽に合わせて即興で踊る。。という体験は思わずえぇぇぇーーーー><と、逃げてしまいたくなったり ^^; 自分の踊っている姿は恥ずかしくてなかなか鏡を見れない。。 でもDevadasiのクラスで出会うみんながとっても素敵な人ばかりで、毎週毎週そんな素敵な 人たちと美しいMishaalと美しい音楽で旅をするように身を委ねて踊る時間がなんとも幸せな、私にとって欠かせない時間になっていく。。 どん