検索

My dance journey...❤️vol.1

今日は台風で、予定していた友人が奈良で開催する南インド料理教室が延期になったので色々溜まっていた雑務をこなし、雨音とともにゆっくりと静かに過ごしています。 いつも濃厚すぎてあっというまに過ぎてしまう私の愛しいインドの砂漠ラージャスタンでの生活と私のことを振り返って書いてみようかな。 私は幼少期はずっとバレエに情熱を注ぎ、たくさんの舞台で踊ってきました。 モダンもクラッシックも大好きで、トゥシューズを履いてターンをするのがとっても好きだったのをよく覚えています。 小さい頃からずっと、洋楽を聴く父の影響もあってか洋楽ばかりを聴いて育ち、友達といるより音楽を聴いてたくさん本を読んで映画をみて、その世界に浸ったり空想したりが本当に好きでした。 あ、ピアノもずっとやっていたなぁ。 高校生くらいからクラブに興味を持ち始めていろんなイベントに行ったし、かっこいい年上の 友人がたくさんいたので、どんどん世界が広がっていった。 そこからはよく野外のイベントやFuji Rockにレイヴでしょっちゅう遊んでたなw そして2001年地元石川県を離れて東京に移住。 その頃は体も弱かったし精神的にも弱く、ふわふわしていた。何がしたいのかもわからないし 何かに傷ついていたし、私はこの世界に生きてるけど生きていないような。。 そう、ずっと、”それ”を探していた。 昔から直感と情熱はすごくて、私もそれはふわふわしている中でもしっかりとした自信があった。 そんな中、YOGAに出会う。2003年くらいかな。 Shivananda yogaの初めて出たクラスでの先生のマントラに涙が流れた。 どんどん心と身体が繋がって